教育研修制度

教育研修制度

内定者研修→新入職員研修→OJT研修→新入職員スクーリング→2年目職員研修→職種別研修→階層別研修

大和信用金庫では人材育成に力を注ぎ、1年目の新入職員研修、2年目職員研修、3年目以降の職種別研修、階層別研修と段階的な能力向上を目指しています。まず1年目は、営業店への配属前に2週間の集合研修を行い、マナーや金融機関での基礎知識などを習得。営業店に配属後はマンツーマンでのOJTを実施し、「OJTノート」を通じてOJT指導員やその他の先輩、上司、支店長までが一つになって一人ひとりの成長を支援します。この交換ノートは約1年間続き、この間に並行して月1回のスクーリングや通信講座を受講します。2年目からはそれぞれの業務内容に応じた研修を行い、さらに資格取得を目指す人材にはそのバックアップも実施しています。

内定者研修

内定者研修

入庫前からビジネスマナーや札勘練習など基礎的な研修を通じて、徐々に社会人への意識を高め、金融の知識を身につけていただきます。

8月
自己紹介、マナー講座
10月
内定式、グループワーク
12月
健康診断、マナー講座
2月
マナー講座、札勘練習

※2018年度の実施内容です。

新入職員研修

新入職員研修

まず入庫後は約2週間にわたって集合研修を受けていただきます。ここでは社会人としての基礎となるビジネスマナーをはじめ、預金・融資・為替業務など金融の基礎知識を学びます。テーマとしては下記のような項目があります。

【研修項目】
当金庫の概要、就業規則、コンプライアンスと個人情報保護法、事務の基本、現金の取扱い、電話応対、預金業務、融資業務、為替業務、手形小切手、マナー、税の知識、伝票訓練、窓口応対、認知症サポーター養成講座、日経新聞の読み方など

OJT研修

OJT研修

1年間の指導カリキュラムに沿ってマンツーマンで研修を受けていただきます。OJTノートを利用し、配属後1カ月間は毎日、3カ月後までは週単位、その後は月単位で、習ったことと感想、身についたこと等を記録し、それに対してOJT指導員がアドバイスやコメントを記入します。また、習得度チェックリストにより、現在の習得度合いを把握できる仕組みになっています。

新入職員スクーリング

新入職員スクーリング

支店への配属後、月に1度すべての新入職員が集まって、銀行業務の知識を身につけていきます。年間を通じたプログラムを用意しており、銀行業務検定試験や生保試験をはじめとする各種資格取得に向けた勉強会も兼ねています。

5月
ビジネスマナー研修
6月
支店長の話、預金業務、生保試験対策
7月
投資信託入門、コンプライアンス研修
8月
手形・為替業務、ロールプレイング
9月
諸届事務、預かり資産研修
10月
融資業務、出資業務
11月
修了テスト、札勘テスト、ロールプレイング発表

資格取得支援制度

顧客セールスにおいて、お客様が10人いらっしゃれば、そのニーズは10通りあります。それぞれのニーズに的確にお応えできるよう、資格取得をはじめとする職員のスキルアップに努めています。金庫業務に貢献度の高い公的資格等について、自ら意欲的に学習し取得した場合には、受験料、年会費、報奨金等の支給を行っています。

対象資格

  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • CFP(FP技能士1級)
  • AFP(FP技能士2級)

※その他の資格に関しては、金庫業務への貢献度や試験の難易度等を都度勘案し、支援対象資格に準ずると認められた場合には同様の取扱いとしています。

自主参加講座「土曜スクール」の開催

職員の幅広い知識習得とスキルアップを目的として、自主参加講座を開催しています。
さまざまなテーマで開催し、各テーマごとに本部担当各部が講師を担当したり、外部から講師を招いて実施しています。

テーマ一例

自主参加講座「土曜スクール」

  • 決算説明会
  • ローン研修
  • 年金の基礎知識
  • 相続の基礎知識
  • FP入門とセールスコミュニケーションなど

インターネットバンキング

でんさいネットのご案内

バックアップサイトのご案内

ローン返済シミュレーション

金利情報はこちら

手数料について

  • 当金庫の各種取組体勢
  • 金融犯罪にご注意ください
  • 通帳・カード等紛失・盗難の連絡先
  • セキュリティについて
  • 個人情報に関する開示等の手続きについて

関連サイト

ページトップへ